{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

Leonardo Marques / Flea Market Music (CD)

残り2点

2,310円

送料についてはこちら

ヴィンテージ機材によるローファイ・サウンドとエバーグリーンなメロディが織りなす、記憶とノスタルジーのアンサンブル。 ブラジル・ミナスのシンガー・ソングライター/プロデューサー、レオナルド・マルケスが待望となる新作『Flea Market Music』をリリース! 本作についてレオナルドは「(制作前から)このレコードはフリーマーケットのようなものになると思っていました。ノスタルジーのアンサンブルであり、思い出や夢、アイデア、音、匂い、言葉、感情、場所、時代といったもののコラージュのようなレコードです」と説明する。壊れかけのおもちゃ、イニシャル刺繍入りのオーダーメイド・シャツ、日焼けしたレコード・コレクションetc。ささやかでパーソナルなドラマの集積場ともいえるフリーマーケットに、自身の音楽に通じる眼差しを見出したのだろう。続けてレオナルドは「老いをはじめとする不安や、一方でそれらを受け入れ、人生を楽しむこと。また長年夢見ている未だ見ぬ場所や時間を旅するような、そんなレコードでもあります」とも語っている。 サウンド的には自身が長年探究してきた「パーソナルでありながらユニークな音の空間」が、これまで以上に表現されている。自身のスタジオ「イーリャ・ド・コルヴォ」で録音された、まどろみのようなローファイ・サウンドはさらに中毒性を増し、聴く者を心地よいノスタルジーの旅へと導いていく。 シュギー・オーティス『Inspiration Information』 のオマージュと思われるジャケットも本作の音楽にベストマッチ。待望のニューアルバムにして、キャリア最高傑作といえる一枚だ。 ■ライナーノーツ:柴崎祐二 ■トラックリスト 01 - Compasso do Desassossego 02 - Imperfeita Exatidão 03 - Do Chão ao Cêu 04 - Tall, Tan and Young 05 - Anos Raros 06 – Evaporou 07 - Pouco a Pouco 08 - Nas Águas de um Sonho 09 - Em Meio a Timidez ■レオナルド・マルケス・プロフィール 2012年にアルバム『Dia e Noite no Mesmo Ceu』でソロ・デビュー。2015年の2ndアルバム『Curvas, Lados, Linhas Tortas,Sujas e Discretas』が日本でも発売されると、その年に初となる日本ツアーを敢行。キセル、ツチヤニボンドとスリーマン・ライブを行うなど、ブラジル音楽ファン以外にも鮮烈な印象を残す。2018年の3rdアルバム『EarlyBird』はブラジルや日本だけでなく、北米やヨーロッパでもリリースされ、世界的にも大きな話題に。プロデューサー/サウンド・エンジニアとしても評価が高く、自身のスタジオ「イーリャ・ド・コルヴォ」で手掛けた録音を紹介するコンピレーション・レコード『Leonardo Marques presents Ilha Do Corvo Sounds Vol.1』も好評を博している。

セール中のアイテム